おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

お歳暮のハムのひも / 青木伸和監督作品 2020年12月2日(水)~6日(日)10:30~

お歳暮のハムのひも

2014年、青木伸和監督作品、DV(canon 5Dmark2)、カラー、ビスタサイズ、38分 

受賞歴(招待上映を含む)

2014年、福岡インディペンデント映画祭コメディ賞、知多半島映画祭入選、TAMA NEW WAVEコンペティション入選、アジア国際青少年映画祭 観客賞、アジア大学生映画祭 入選、沖縄国際映画祭U-25エンターテイメント賞、観客賞、準グランプリ

あらすじ

楽しく飲んだ帰り道、原付の飲酒運転で捕まった主人公:山口光弘(20)。 罰金50万を言い渡された帰り道、自宅のポストに一通の手紙が。「お母さん、再婚します」  罰金のことを言い出せないまま実家に帰る光弘を出迎えたのは、祖母を連行する警察。訳のわからないまま迎えた両家顔合わせ。俺の罰金のこと、いつ言い出したらいいの?! ドタバタの3日間が始まる。

制作意図

モラトリアム、母性、実家の面倒さ、色々あるが、笑えたらいいと思い、製作しました。

キャスト

金子壮汰、日永貴子、横田志保子、三好フミタカ、鈴木大

スタッフ

製作:溝口裕子、脚本・監督:青木伸和、撮影:萩原脩、照明:堅木直之、美術:杉井志帆・梅林佳美、録音・整音:柳原茉季、衣裳:藤本祐基、編集:中島丈晴、助監督:藤本祐基

コメント

ほとんど授業に行かず、9号館前でプラプラしていると仲間が集まってくる。あるいは集まりに入って行く。そんな日々を過ごし、5年大学に通いました。9号館前で吸えていたタバコも今や舞台芸術学科棟にしか喫煙所がありません。映像学科研究室にて、今だ大学に居ながら自主製作をしております。どなたかお仕事を下さい。

http://www.oaff.jp/2020/ja/program/hs03.html

 

 

【THE FIRST PICTURES SHOW 1971-2020開催趣旨】

/news/infomation/6083.html