おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2016.11.28infomation

西岡りき氏研究発表会「ソール・バスとその時代」

%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%b9a-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

12月23日の研究発表は、西岡りきさんの「ソール・バスとその時代」です。正会員の西岡さんが、何年もかかってソール・バス(1920-1996年、ニューヨーク出身のグラフィック・デザイナー)の映画タイトルを全作品揃えられました。ソール・バスは50本以上の映画タイトルをデザインしていますが、12月23日(金曜、祝日)13時半から開催する今回は、時間の都合で15~20タイトルを紹介する第1回目として開催します。「1960年代以降はリアルタイムで観た映画がほとんどなので、時代背景についても少し語れると思うので、時間と興味がある方は是非京都までお越しください」と西岡さんからの熱いメッセージ。

さらに、今も募集中の佐々紅華の『茶目子のクリスマス』の音源に合わせた映像作品の第1号を披露上映します。8月6日の第1回創作アニメ上映会でパペット・アニメーション「エリンギ侍」他を上映してくださったエスエス・スタジオの作品です。彼らは発想もユニークで面白く、手作り感満載。仕事が早く、急な提案に見事に応えてくださいました。どんな作品か、上映がとても楽しみです。彼らの作品に触発されて、次々作品が寄せられることを期待しています。先日は「実写で挑戦する」という声も知り合いからいただきました。いずれいろんな茶目子をご覧いただける日もくるでしょう。上手くいけば、次は「茶目子のお正月」(音源あり)でシリーズ化を目指します。

発表会の頃は街はクリスマス一色。上映後の交流会も賑やかに参りましょう。たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

 

最新記事

カテゴリー

月別一覧