おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2017.10.29infomation

11月10日に第二回桂花團治の「咄して観よかぃ」

11月10日(金)19時から、第二回桂花團治の「咄して観よかぃ」を開催します。第一回目のゲストは、ちんどん通信社代表の林幸治郎さんで、バナナのたたき売りなどの大道芸について実演を交えながら楽しくお話くださいました。受けて、司会進行役の花團治師匠は、大道芸に因んだ上方落語『蝦蟇の油』を熱演。所蔵する映像の中から関連するものもご覧いただきました。

第二回目のゲストは、講談師の玉田玉秀斎さん。テーマは「うらめしや~、もイロイロ」。玉田さんの実演『お紺殺し』をネットで検索しましたら、昔、吉原遊郭で起こった百人斬りをした佐野次郎左衛門という男の父親、次郎兵衛の悪行についてのお話し。次郎兵衛の犠牲になったのが、可愛そうなお紺という女性で、「うらめしや~」のテーマがよ~くわかる怖いお話し。

花團治師匠の『皿屋敷』も、ネットで検索しますと、良く知られたお菊が「いちまーい、にまーい」と皿を数える怖いお話かと思いきや、幽霊のお菊は人気者になり、と面白い展開に。だからテーマに「イロイロ」と付くのかもしれませんね。花團治師匠の熱演が今からとても楽しみでワクワクしています。今回も所蔵する映像の中から関連するものをご覧いただきます。

先着30名で予約優先。どなたさまも一律2000円で、自由席です。会場が狭いので、出演者と近いのも見どころかと思います。お誘いあわせの上、多くの皆さまにご来場賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、気が早いようですが、第三回は、来年1月19日19時から、小説家の木下昌輝さんをゲストに開催します。良ければ今のうちに手帳にメモ書きしていただけると嬉しいです

なお、この連続シリーズは、京都府文化力チャレンジ補助事業として開催します。

最新記事

カテゴリー

月別一覧