おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2019.02.09infomation

3月10日に「天宮 遥ピアノシアターin京都」を開催します

3月10日に「天宮 遥ピアノシアターin京都」を計画しました。タイトルに彼女のお名前をつけて、今まで以上に素敵な演奏をたっぷり披露してもらいます。話芸が発達した日本では、無声映画を弁士さんの巧みな語りと楽士さんの生演奏付きで楽しんでいました。一方、欧米では、今も昔も音楽のみで上映されます。そのため、映画は説明がなくてもわかるように作られましたから、表現方法が発達したと言えましょう。今回は天宮さんを主役に、欧米スタイルで無声喜劇映画を存分にお楽しみください。

1月26日に新野敏也・喜劇映画研究会代表にお越しいただいて、お得意のレーザーポインターを駆使した映画教室「マック・セネットVSハルローチ・スタジオ」を開催しました(その時の様子は、こちらで)。プロデューサー、監督、俳優としても活躍した「喜劇の帝王」マック・セネットのところから、チャールズ・チャップリン、ロスコ―(ファッティ)アーバックル、そして今回取り上げるメ―ベル・ノーマンドが出ています。「喜劇の女王」と呼ばれたメ―ベル・ノーマンドでしたが、バスター・キートンを発掘したファッティ同様、ハリウッド・スキャンダルの犠牲になり、失意のうちに第一線から退きます。惜しくも、彼女は37歳の若さで亡くなってしまいますが、彼女が輝いていた時代の作品で当館が所蔵する作品をまとめてご覧いただきます

翻訳は、今回も正会員で語学堪能な吉川恵子さんにお願いしました。いつも心やすく翻訳を引き受けて、私共の活動を助けてくださいます。本当にかけがえのない友人です。催し終了後に、ささやかな交流会もございますので、時間に余裕がある方はぜひお残りいただいて、ご一緒に楽しい時間を過ごしましょう。多くの皆さまの参加を心よりお待ちしております。

以下に上映作品の簡単な紹介を。

◎『恋は泥沼』(1913年、アメリカ)

メ―ベル・ノーマンドが泥んこになっての熱演。カリフォルニアのエコー公園で池の水抜き作業が行われることを知ったマック・セネットが、現場での即興芝居を思い付き撮影班と役者を向かわせて完成させた初期キーストンのドタバタ劇。

監督:マック・セネット/キャスト:メ―ベル・ノーマンド、フォード・スターリング

◎『メ―ベルの多忙な一日』(1914年、アメリカのキーストン社製作)

自動車レースの会場でメ―ベルはホットドッグを販売。そこへ酔っ払ったチャーリーがやって来て手伝うことに。観客役でチャーリー・チェイスも出演。一昨年、当館でチャーリー・チェイスの『Why Men Work』の一部が発見されて「ロストフィルム発見」の話題は世界発信されました。

監督:メ―ベル・ノーマンド/キャスト:メ―ベル・ノーマンド、チャールズ・チャップリン、マック・セネット(下写真の腹のでた紳士)

◎『メ―ベルのニューヒーロー』(1913年、アメリカ)

無声映画期のスーパースター「デブ君」ことロスコ―・アーバックルが最初に主役級の扱いを受けた作品!映画界初の国際的なアイドル=メ―ベルの相手役に抜擢された「デブ君」として、本作から人気が急上昇しました。

監督:マック・セネット/キャスト:メ―ベル・ノーマンド

◎『バーニー・オールドフィールドの人生競走』(1913年、アメリカ)

製作当時はモータリゼーションの勃興期で、人気の自動車レーサーであるバーニー・オールドフィールドを起用しての即興ドラマ。著名人をゲストに登場させる映画の元祖といえる。

監督:マック・セネット/キャスト:メ―ベル・ノーマンド、マック・セネット、フォード・スターリング

翻訳していただいた吉川恵子さんは、この題名を「レーサー・バーニー・オールドフィールドの命を救え!」と訳されました。その方が適切なのですが、日本公開時のタイトルということで「…人生競走」と表記しました。

◎『サンフランシスコ・ワールド・フェア』(1915年、アメリカ)

パナマ・太平洋国際博覧会(サンフランシスコ万博)に国際的な大スターのメ―ベルとデブ君を送り込んで製作したドキュメンタリー風コメディ。貴重な当時の風物やサンフランシスコ市長のジェームズ・ロルフ・ジュニア、世界的なオペラ歌手のエルネスティーネ・シューマン=ハインクがゲストで登場!

監督:ロスコー・アーバックル/キャスト:メ―ベル・ノーマンド

◎『デブ君の漂流』(1916年、旧題『デブと海嘯(つなみ)』、アメリカのキーストン社製作)

新婚のロスコ―とメーベルは海辺の小さな家で穏やかな生活を送っていましたが、恋敵だったアル・セント・ジョンは復讐を企て、悪者たちと一緒に二人の家を太平洋へ漂流させてしまいます。この危機を救うのは、お馴染み犬のルーク。1980年代に初公開当時のノーカット・彩色版フィルムが発見され、今回はそのデジタル版を喜劇映画研究会よりお借りして上映します!

監督:ロスコー・アーバックル/キャスト:ロスコー・アーバックル、メーベル・ノーマンド、アル・セント・ジョン

 

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧