おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2015.11.02infomation

ジャパン・ソサエティの「オバケ ファミリー・デー」

ジャパンソサエティ・ハロウィン2ジャパンソサエティ・ハロウィン1東京渋谷のハロウィンで盛り上がる様子がニュースで流れましたが、ミュージアム近くの三条商店街でも、各店舗が工夫を凝らした「ハロウィンカボチャフェア」を開催。スタンプラリーやカボチャメニューを楽しむ仮装した親子連れの姿をたくさん見かけました。31日には、ハロウィン・パーティも開かれたようです。何でも取り込むのが得意な日本人にとって、西洋の文化だったこのお祭りも、自分たち流にアレンジして楽しむ文化に育っているようです。

さて、このたびアメリカのジャパン・ソサエティーから楽しい話をいただいて、ミュージアム所蔵の戦前国産アニメを編集した映像を提供しました。それは、11月1日午前11時~午後4時に開催された子ども向けのイベント「オバケ ファミリー・デー」。いろいろ趣向を凝らしたイベントの中に、おばけや妖怪などが登場する短編映画を集めた作品も加えてもらいました。戦前のアニメには、今の感覚からすれば、ちょっと残酷なシーンも含まれていて、子どもたちへの影響を考慮して再編集しました。担当の増渕さんが来日され、字幕も付けての上映。どんな様子だったか、後日教えてくださるそうです。

夕べ、そのイベントについて現地の日本人向け新聞に掲載された記事が届きました。それが、上掲のもの。

詳しくは、こちらのウェブサイトをご覧ください。

http://www.japansociety.org/event/obake-family-day-experience-japans-ghosts-goblins-1

 

 

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧