おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2020.07.06infomation

7月24日のトークイベントは定員に達しましたので、予約受付を終了します‼10日13時27分頃から、KBS京都テレビ「きらきん」で梶原アナが、映画『祇園祭』資料展を生放送‼

この度の九州を襲った豪雨被害の大きさに言葉を失っています。残念ながらお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りしますと共に、被災された皆様に一日も早く平穏な日常が戻ることをお祈り申し上げます。まだ梅雨前線は停滞するようですから、細心の注意で、くれぐれも身体安全を第一に共に過ごして参りましょう。

平安時代、疫病退散を祈って始まったという祇園祭ですが、今年はCOVID-19感染拡大を防止する為、泣く泣く山鉾巡行がなくなりました。山鉾巡幸が中止されたのは、何も今回が初めてではなく、歴史を遡ると、1962年には阪急電鉄京都線の四条通地下工事に伴って中断し、更に遡ると第二次世界大戦に伴って1943年から4年間中断を余儀なくされました。もっともっと遡ると、15世紀の応仁の乱によって33年間も中止の憂き目に遭っています。今回テーマにした映画『祇園祭』は、その応仁の乱により神事が中止されることになったので、「神事これなくとも、山鉾渡したき」(祇園執行日記)と下京の人々が「町衆の祭り」だと祇園社に強く訴えた心意気をテーマにしています。

この映画が作られた背景や、その製作過程、その後について、当時、映画「祇園祭」製作上映協力会の中心メンバーとして活躍された人々にお集まり頂いて、お話をうかがう催しを7月24日(本来なら祇園祭後祭の日)に計画したところ、今日申し込みが定員15名に達しました。キャンセル待ちの方もおられます。多くの方に関心を寄せて頂いたことを誠に嬉しく思います。ありがとうございました。これにて、受付は終了とさせて頂きます。

【追加情報】7月10日(金)13時25分~KBS京都テレビ「きらきん」で、梶原誠アナウンサーがスマホを操作しながら1人、「映画『祇園祭』資料展について、生中継してくださることになりました。僅か3分の番組ですが、人気番組。視聴可能な方は、ぜひご覧下さい!!!!!

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧