おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

玩具映画とは、玩具映写機の販売のために、劇場で上映された無声映画の断片を切り売りしたり、あるいはアニメーションのように玩具映写機用に独自に製作した映画のことを言います。大正から昭和の初頭(1920~30年代)は、日本の無声映画の全盛期ですが、トーキー時代に入り、不要になった無声映画はリサイクルのために映像は廃棄され、失われて行きました。だから、ほとんどの無声映画が散逸しています。 20秒から3分程度の短いものですが、オリジナル映画が既に失われ、玩具映画と言えども、たいへん貴重な映像たちです。

時代劇

国産動画

ニュースおよび実写映像

海外映画

海外アニメ

玩具フィルム以外