おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

日の底で / 板倉善之監督作品 2020年11月4日(水)~8日(日)10:30~

日の底で

2003年、板倉善之監督作品、16mm。カラー、スタンダード、68分

受賞歴(招待上映を含む)

第7回京都国際学生映画祭入選

あらすじ

裕人、母親、盲目の妹、三人は、殺人をした兄の出所の日が間近になるなか暮らしている。兄の部屋に残されたままの本とレコードで時間をつぶす裕人は、兄の部屋で一本の日8mmフィルムを見つける。そこに写されていたものとは..。

キャスト

西村仁志、小畑有沙、藤野ひかり、谷口高史、原田尊、出口和行、福本祐樹、錦織圭吾

スタッフ

製作:松野泉、脚本・監督:板倉善之、撮影:小口修司、照明:稲垣太助、美術:錦織圭吾、音楽・録音・整音:松野泉、編集:板倉善之、記録:野方愛

コメント

卒業制作の脚本を指導してくださったのは中島貞夫先生でした。1度目の面談のときには「(映画は)観念で撮るなよ。具体で撮れよ。」とアドバイスをもらいました。脚本を書いて何度目かの面談のときは、そこで提出した脚本では冒頭にあった回想シーンを「(脚本の)中盤にもってこい。そうすればサスペンスがうまれる。」とアドバイスをもらいました。どういうことかよくわからずもその通りにしてみると、前半の人物の行動や言葉が、それまでとは違った緊張感をもったものに見えてきました。当時言われて未消化なままの言葉を、ときどき思い出します。

 

 

【THE FIRST PICTURES SHOW 1971-2020開催趣旨】

/news/infomation/6083.html