おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2018.02.18infomation

3月16日第4回「桂花團治の咄て観よかぃ~動きと間が語るもの」開催

昨年9月から開催している「桂花團治の咄して観よかぃ」は、回を重ねて3月16日で第4回目を迎えます。落語家の三代目桂花團治さんをホストに、毎回異なるテーマに沿ったゲストをお迎えし、当館所蔵の映像もご覧いただきながらトークを繰り広げる催しです。

初回9月29日は、今放送中のNHK[わろてんか」にも出演されていた東西屋「ちんどん通信社」代表の林幸治郎さんをゲストに、「古今とーざい、大道芸」をテーマにお二人の実演も交えながら、楽しく賑やかな内容でお送りしました。第2回は11月10日に講談師の玉田玉秀斎さんをゲストに、「うらめしや~、もイロイロ」をテーマにお二人に実演していただきながら、講談と落語の演じ方の違いを見ていただきました。第3回目は1月19日に直木賞候補にも選ばれた小説家の木下昌輝さんをゲストに、「侍、そのプライドと実像」をテーマに、弱者の側に立って描いた作品の数々について語っていただきました。落語実演は「佐々木裁き」をお楽しみいただきました。

そして第4回目は、狂言師で舞台俳優でもある金久寛章さんをゲストに、「動きと間が語るもの」をテーマに開催します。今回の実演は、当日発表だそうです。何を見せていただけるのか、私自身も知りませんので、ワクワクしています。

ホール入り口に敷き物を広げ、そこで花團治さんと金久さんのお二人が狂言を実演して下さいます。至近距離での実演は見応え、聴きごたえ充分の満足感を味わってくださることと確信しています。

幾人もの皆勤賞のお馴染みさんが予約を済ませて、当日を楽しみにしてくださっていることも、嬉しい限りです。夕方7時から開演ですので、お勤め帰りの人も、どうぞお気軽にお越しくださいませ。たくさんのお申し込みをお待ちしております‼

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧