おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2019.12.27infomation

1月8日に「第3回映画音楽を聴く会」開催‼

1月8日(水)16~17時、「第3回映画音楽を聴く会」をします。

主催は、映画音楽ファンで、オーディオマニアの小谷太郎さん。第3回目は①写真掲載の『ドクトル・ジバゴ』サウンドトラック②コンスエロ・ベラスケス『ベサメ・ムーチョ』(『モスクワは涙を信じない』挿入曲)③パッヘルベル『カノン変奏曲』(『猟奇的な彼女』挿入曲)です。小谷さんの解説付きでお楽しみください。

①『ドクトル・ジバゴ』サウンドトラック

〈監督〉デイヴッド・リーン〈主演〉オマー・シャリフ、ジュリー・クリスティ

〈作曲〉モーリス・ジャール

この映画は、ロシア革命前後の動乱期を背景に純粋な魂を持ち、詩人でもある医師ジバゴの波乱に満ちた人生を、二人の女性、ララとトーニャへの愛を通して描かれた大作です。

【聴きどころ】

『史上最大の作戦』、『アラビアのロレンス』などの作曲者が、民族楽器バラライカを活かした美しく繊細な曲を書いています。

②コンスエロ・ベラスケス『ベサメ・ムーチョ』(映画『モスクワは涙を信じない』挿入曲)

〈演奏〉アート・ペッパー カルテット

【聴きどころ】

超有名なこの名曲をアート・ペッパー入魂の演奏で聴いていただきます。

『モスクワは涙を信じない』

〈監督〉ウラジミール・メニショフ〈主演〉アレクセイ・バターロフ

1979年制作の旧ソ連映画に『ベサメ・ムーチョ』が取り入れられたことが驚きです。

③パッへルベル『カノン変奏曲』(映画『猟奇的な彼女』挿入曲)

〈演奏〉トレバー・ピノック指揮/イングリッシュ・コンサート

【聴きところ】

オリジナル楽器を用いながら先鋭的な表現や解釈を避け、あくまでも自然な息づかいを大切にした演奏で、さわやかな魅力が至るところに溢れています。

『猟奇的な彼女』

〈監督〉クァク・シェヨン〈主演〉チョン・ビヒョン

「猟奇的」というタイトルは、原作者がその意味を知らず、語感のみで採用したものです。タイトルで損をしていますが、キスシーンすらない、すてきな恋愛映画です。

レコードプレーヤーはトーレンスPrestige

それにJBLのスピーカーと

セレッションのスピーカーを用います。

毎月第2水曜日にしようと始まったのですが、2月と3月は諸用のためお休み。次回は4月8日16~17時の予定です。

天井が高い木造の京町家に良い音が満ちます。皆様のお越しをお待ちしております。

お申し込みは、小谷さん℡090-5069-7443 へ。

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧