おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2019.04.14infomation

中島貞夫監督渾身の作『多十郎殉愛記』公開中!!

4月12日から全国公開されている中島貞夫監督の『多十郎殉愛記』。T・ジョイ京都では、今日は11時半、13時半、15時50分、17時45分、19時45分、21時45分と6回も上映されます。かつて京都は「日本のハリウッド」と言われた映画の街でしたが、今では年々制作本数も減っていて寂しい限り。中島監督は、映画全盛時代から京都で映画作りをされてきて、その映画人生は59年という長きにわたります。

昨年制作され、京都国際映画祭2018で10月14日15時20分からワールド・プレミア上映された折りには、500人収容の祇園会館は立ち見の大盛況でした。さらに、京都市が新設した「京都映画大賞」の第一回受賞者に中島監督が選ばれたことも嬉しいニュースでした。それらのことについてはこちらをご覧ください。

中島監督は「今の時代劇は、武士の日常や、恰好良く見せる殺陣は描かれていても、ドラマと絡み合うリアルなチャンバラ・シーンがない。本来の時代劇復興のために」と20年ぶりにメガホンをとられました。支えたスタッフには、大阪芸術大学映像学科で教えを受けた卒業生や現在客員教授を務められている立命館大学の卒業生らがいます。この作品撮影中に彼らが活躍した様子はこちらで書きました。

子弟が一緒になって取り組んだ「リアルなチャンバラ映画」を、ぜひ劇場の大きなスクリーンでご覧ください。よろしくお願いいたします。

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧