おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2022.03.17column

パテ・ベビーフィルムを寄贈していただきました‼

市内在住の塚本様から、写真のパテ・ベビーフィルム7作品を寄贈していただきました。おじいさまが市販されていたこれらのフィルムを集めて楽しんでおられた思い出の品だそうです。私どもの「パテ・ベビー発掘プロジェクト」にご賛同いただき、今日持参していただきました。

7作品の内容は、

①『唐人お吉』②『黒ニャゴ』③『民謡の旅』④『ロス・オリンピック 第11報』⑤『のんきなおぢさん 馬化汽車』⑥『のんきなおぢさん 魚釣りの巻』⑦『白熊』(缶のメモ書き)

全体の印象として、タイトルの部分が劣化してカールしていますが、スキャナーには通ると思います。

『唐人お吉』の映像は当館にもありますが、舞踊の部分はあっても冒頭部分がなかったので、補えるので丁度良かったです。

大藤信郎の千代紙アニメ『黒ニャゴ』は当館にはなく、ちょっと嬉しいです。なお、当館には大藤信郎の2作品があります。

『民謡の旅』は佐藤千夜子さん独唱、ビクター管弦楽団演奏、踊りは人気があった舞踊家の藤間喜與恵さん。レコードと同期させて楽しんでおられたのでしょう。

『第10回オリンピック 北米合衆国ロサンジェルス』は1932年のロス五輪で、三段跳びの南部忠平が映っています。当館には、同じ苗字の南部彰三主演『天晴れ三段跳び』の映画があります。比べてみたら面白そうですが、劣化が進んでいて、デジタル化が難しいかもしれず、今は裏向けに巻き直して調整中。

『のんきなおぢさん 魚釣の巻』は麻生豊の人気漫画『ノンキナトウサン 魚釣の巻』にあやかってタイトルを付けた海外のアニメーションで、オリジナルタイトルはわかりません。また、『のんきなおぢさん 馬化汽車』も同様ですが、内容はまだわかりません。当館には2作品と同じキャラクターの作品が、アメリカ製のシリーズ物として何作品かあります。

『白熊』はタイトルが確認できていませんが、実写とアニメの合成で、当館にある『魔法のランプ』の作者と一緒のように思われますが、フライシャーの作品ではないようです。

寄贈いただいた作品はデジタル化した後、何らかの機会を設けてご覧いただけるようにしようと考えています。

塚本様、この度は誠にありがとうございました‼ 有効活用させていただきます。

 

 

記事検索

最新記事

年別一覧

カテゴリー