おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2017.11.20column

もうすぐラジオで、22日開始の「持永只仁展」について紹介

急なご案内で恐縮ですが、今朝の京都三条ラジオカフェFM79.7MHzで10時半~11時45分放送の「ハロー!ラジオカフェ~おはようさんどす~」の番組内で、22~26日に開催する「持永只仁展~人形アニメを通した日中友好の足跡を追う」を紹介していただきます。

番組内では、特に23日13時半から開催する催しについて詳しくご案内してくださると聞いています。イベント当日の23日は映画『大地のキネマ』(2017年日中合作、リニューアル版、1時間45分)の上映と監督・向 陽さん、持永只仁さんのご息女・持永伯子さん、監修の中島貞夫監督のトーク・ショーを行います。

この映画は、満州映画協会(満映)甘粕正彦理事長の自殺から始まります。国民党と八路軍の内乱で混沌とした中、新しい映画作りのために尽力した日中の映画人の友情を描いています。戦後日本映画史の欠落を埋める感動作です。催しの副題は「満州映画の崩壊と日中アニメのあけぼの」としました。

持永さんからお借りした写真に、大勢の人に混じっている少女時代の伯子さんが写っています。向監督は、映画製作にあたって持永さん一家にも取材をされていて、映画『大地のキネマ』には、この少女時代の伯子さん役の少女も出てきます。「この当時のことを今も鮮明に記憶している」と伯子さん。23日は、その頃の様子も話していただけるのではないかと思っています。日中合作の作品ですが、日本国内ではNHKアジア・フィルム・フェスティバル(2008年)などの映画祭でしかまだ上映されていません。この機会にぜひご覧いただきたいと願っています。先着30人で予約優先です。

古い京町家を改装した建物ですので、暖房をしても不充分です。ご来館の折には、どうぞ、暖かい服装でお願いいたします。

人形アニメのレジェンドたちA - コピー

 

 

最新記事

カテゴリー

月別一覧