おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2021.02.18column

建都住宅販売㈱さんのブログ「京のさんぽ道」で、紹介していただきました!!!

今日はとても寒い一日で、時折り小雪が舞い散る京都市内でした。その寒さの中を来て下さった山口洋子さん。差出してくださったのは、15日にアップされたばかりの彼女が書いてくださった当館を紹介する記事。A4で8枚もあり、カラー写真12枚も使って書いて下さいました。その記事が載っているのは、建都住宅販売㈱さんのブログ「京のさんぽ道」(毎月1日と15日に更新)。先ずは、クリックしてご覧下さい!!!!! 「ようこそ 京町家のおもちゃ映画博物館へ」のタイトルです。

とても丁寧に詳しく書いて下さり、感激しました。特に、今開催中の活動写真弁士の資料展について書いてくださったのが嬉しいです。NHK朝ドラ『おちょやん』に、無声映画の説明をする活動写真弁士役で、坂本頼光さんが出演されていたので、とてもタイムリーな企画だと思いましたのに、どういうわけかマスコミの人の関心が薄いように感じられて、惜しく思っていました。こうして書いてくださることで、せっかく貴重な資料を初公開しているのですから、お一人でも多く見に来て貰いたいと願っています。その願いの後押しになればと考えて下さって、早い目の15日に早速載せて下さったのです。その温かい思いやりが、涙が出るくらい嬉しいです。

山口さんは、2月7日に一人の見学者として展示を見に来てくださり、展示についてだけでなく、いろんなことで話の花が咲き楽しい時間を共有しました。帰り際にそっと、ミュージアムのことを紹介したいと仰ってくださり、驚くと共に、願ってもないことと逆にお願いをしました。最初に作った小冊子『おもちゃ映画ミュージアム』の図録、昨年作った小冊子『明日へのことば ラジオ深夜便放送とその反響』、そしてNHKサービスセンター発行の『ラジオ深夜便』2016年8月号も買って下さり、こちらの活動のことを一生懸命勉強して下さいました。

翌日8日、二日後の10日にもお越し下さり、そして今日と4回も足を運んで書いて下さるライターさんは、そうおられるとは思われません。丁寧に、正しく、少しでも良いところを見つけて書こうとしてくださった姿勢は、私もこうしてブログを書いていていつも心がけていることですから、とても共感を覚えます。

今日もいろんなおしゃべりをして、共通する関心事に話の花が咲きました。これをご縁に、これからもよろしくお願いいたします。感謝感謝の言葉しか思い浮かびません。ありがとうございました!!!!!

【余談】建都住宅販売さんの住所は、京都市上京区今出川通新町下ル西無車小路町。名刺を頂いて、この地名「西無車小路町」に興味を持ちました。読みは「ニシムシャコウジチョウ」だそうです。出版に際し、少しばかり協力したことで頂戴した『京都地名語源辞典』(東京堂出版、2013年)を早速開いたのですが、残念ながらこの地名由来は載っていませんでした。ご存じの方がおられましたら、お教えください。京都の町を自転車に乗って走っていると、面白い地名を目にすることが多々あり、それが楽しいです。

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧