おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2017.07.18column

6月11日に開催した「アニメーション・パレットin京都」

animationpalette2017_omote - コピー

animationpalette2017_ura - コピー

もう実施日から1か月以上も経ってしまいました。雑務に追われどんどん報告が遅くなっていますこと、先ずはお詫び申し上げます。

開催前から入場に関する問い合わせが相次ぎ、混乱を避けるため、当日は正午から13時の回、16時半の回の入場整理券を発行することにしました。どの作家さんの作品も素晴らしいのですが、とりわけ人気をよんだのは秦俊子さんの『パカリアン』。秦さんの作品に魅了された俳優の斎藤工さんが、自ら声の出演を申し出られたそうで、キャパが狭いことから「会場に入れなかったらどうしよう」と心配した彼のファンからの問い合わせへの対応でした。

この日も、遠くは鳥取県から来館された方、前もって下見に来られた方もおられて、ただただファンの皆さまの熱気に感心するばかりでした。

事前のメールでの打ち合わせ窓口になってくださった飯田千里さんは、『タコ船長とまちわびた宝』という作品を上映。「驚き盤を用いた表現をしたので、会場のおもちゃ映画ミュージアムにピッタリだった」とお話くださいました。

京都国際マンガミュージアムで「にっぽんアニメーションことはじめ~『動く漫画』のパイオニアたち~」展で窓口になってくださった應矢泰紀先生から「今は東京藝大大学院映像研究科アニメ―ション専攻に優秀な人材が集まっている」とお聞きしたことがありましたが、実際に上映された作品はいろんなタイプのアニメーションがあり、そのどれもが素晴らしかったです。彼らが、今後の日本のアニメーション界を牽引していくのでしょう。

DSC01116 (2)

これは16時半の回の参加者と作家さんたちの集合写真。このあと交流会をしました。その時に知り会った中西亮介さんは、今月から当館でアニメーション教室を開催。今後も生徒さんを募集して継続するそうですから、追々ご紹介します。

鋤柄真希子さん、松村康平さんの作品『カラスの涙』は、和紙を使った表現が印象的でした。鋤柄さんは7月2日の錦影絵上演とワークショップにも参加して下さいました。その彼女が「2011年に作った宮沢賢治原作『やまなし』で幻燈を扱ったが、本物がここにはたくさんあって驚いた」と話されたので「それならば」と2階へ案内して、みんなで即席幻燈会。

DSC01125 (2)

いろんな幻灯機を引っ張り出し、種板をセットして映し出しては、大はしゃぎ。直前に戦前のアニメ―ション集を見せても、全くと言ってよいほど関心を寄せなかったのとは大違い。ちょっと拍子抜けの感がありましたが、作家とはそういうものなのかもしれません。

ところで、Twitterをみていましたら、「アニメーション・パレット2017」が、7月21日(金)(1)18時、(2)20時▼7月22日(土)(1)13時、(2)15時、の4回にわたって、兵庫県姫路市で開催される短編アニメーション上映会で上映されるそうです。若い作家さんたちの素晴らしい作品揃いですから、ぜひお出かけください。詳しくは、こちらをご覧ください。

最新記事

カテゴリー

月別一覧