おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2019.08.22column

月刊『京都』9月号に3日開催「おもちゃ映画の夕べ」を紹介していただきました!!!

昨日、月刊『京都』9月号(白川書院)が届きました。この冊子93頁に。9月3日に開催する「おもちゃ映画の夕べ」を紹介いただく幸運に恵まれましたので、早速ご紹介します‼

IMG_20190821_0001

月刊京都9月号-2あと1週間足らずで、日本で初めてICOM(国際博物館会議)が京都で開催されます。お客さまと話していても、気のせいか、この催しのことをご存知の方が少ないように感じます。

8月1日から始まったばかりの国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」内の一企画「表現の不自由展・その後」が3日目にして中止になった騒動が尾を引いています。「ガソリンを散布して着火する」といった常軌を逸した脅迫メールが770通も愛知県内関連施設に届いた(22日東京新聞記事)ことには、恐怖と怒りを覚えますが、博物館・美術館の展示において、今回のことは決して人ごとではありません。世界中が不寛容な難しい時代を迎えているように思われ、9月1日~7日のICOM大会でも、こうしたことが話合いされるのでしょうか。

IMG_20190706_0001 (2)

先にもご案内しました通り、この大会を盛り上げようと、京都市内と府内の114館が、特別イベントを展開中です。詳しくは「夏の京都のミュージアム2019」をご覧ください。

IMG_20190703_0001 (2)

この冊子の10頁にも紹介いただいていますが、さらに、月刊『京都』にも掲載していただき、とっても嬉しいです。千年の歴史を有する文化都市京都にあって、114館もの工夫を凝らした特別イベントの中から、3施設を選び、そのうちの一つとしてご紹介いただいたのですから、凄いことです。

その昔、日本映画の黎明期、話芸が発達した日本では、活動写真弁士の語りに生演奏を付けて観るという独特の楽しみ方が広がりました。9月3日は、その追体験をしていただこうと、関西を中心に活躍目覚ましい大森くみこさんと天宮遥さんの出演で無声映画を上映します。

69177313_2291248337659327_8633307778800156672_n

丁度、昨日の京都新聞朝刊に、周防正行監督と最新作で12月13日公開予定『カツベン!』の記事が大きく載っていました。活動写真弁士がどのようなものか読んでいただき、9月3日はその伝統文化を継承しながら、今風なパフォーマンスを楽しんでいただき、12月13日公開の折には、映画館でもぜひご覧ください!!

ICOM 2019.9A - コピー9月3日上映するのは、コリン・ムーア主演の『微笑みの女王』(1926年、アメリカ)、『茶目子の一日』(1931年、西倉喜代治)ほか。ICOM参加者だけでなく、お勤め帰りの人にもご覧いただきたいので、19時スタートです。当日は通訳ボランティアさんもスタンバイ。会場が狭いので、先着30名(予約優先)です。多くの皆様のご来場を、心よりお待ちしております‼

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧