おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2015.05.30column

活弁士片岡一郎さんと俳優田村幸士さん来館

ふらりと京町家の玄関から入ってこられた長身のイケメン2人。「おひとり様500円になります」と入館券を手渡しながら、「どこかでお見かけしたような…」との思いが頭の中をクルクル。随分経ち、連れ合いから紹介されて初めて、その2人が活動写真弁士の片岡一郎さんと俳優の田村幸士さんだとわかりました。

おもちゃ映画ミュージアムでは、毎日復元した無声映画などの貴重な映像を上映していて、プログラムの1つに「ちゃんばら時代」もあります。このプログラムは、昨年早稲田大学演劇博物館の企画展「寄らば斬るぞ!新国劇と剣劇の世界」のために編集したものですが、より大勢の人に無声映画と活弁の世界を知ってもらい、楽しんでいただきたいとの思いを込め、新たにサポーター特典用として、片岡さんに活弁を付けてもらったDVDを制作しました。

1月30日付け朝日新聞連載「お仕事 日本遺産」④で片岡さんが大きく紹介されていて、ミュージアムでは片岡さんの巧みな語りを聞いて貰いながら、その記事コピーをお渡ししています。で、毎日お顔を記事で拝見しているにもかかわらず、ピンとこなかった鈍い私。

もう一人の田村さんも「見覚えがあるお顔」と思ったのも理由があり、4月30日の「徹子の部屋」にお父様の田村亮さまと一緒に親子で出演されているのを見て録画したばかり。お2人と直接お会いしたのは初めて。おじいさまの阪東妻三郎が写る映像を食い入るようにご覧になっていました。

 DSC02264DSC02267

今回片岡さんと田村さんは、映画村での催しを兼ねての来館でしたが、来る6月14日午後2時から京都大学時計台記念館国際交流ホールで開催されるレクチャー上映会のチラシもご持参いただきました。当ミュージアムを応援していただいているサイレント映画ピアニストの柳下美恵さんと片岡さんの活弁で、貴重な無声映画2本が上映されます。第1部の講演者・冨田美香先生と高木博志先生も懇意にしている方々ですので、とても興味深い内容です。

無料で、当日受付。関心がある方は、どうぞお出かけください。当館でも関連したイベントができないか練っています。

 

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧