おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2018.10.22column

開催中の「映像作家 髙橋克雄の世界」を日経新聞で大きく掲載していただきました!

スキャン_20181018 (4) - コピー

紙面の都合もありここではモノクロですが、日経新聞電子版では、掲載してくださった写真は、どれも皆カラーで美しいので、ぜひクリックしてご覧ください。とても大きく扱ってくださって感激しています。

お父様への思いがとても強いご息女の佳里子さんから届くメールには、「こんなのもあった!あんなのもあった!!」と次々お父様が手掛けられたものに関する資料が出てきて、懐かしさに手を止めて感慨深く見つめておられる様子が目に見えるようです。

そうした中から、会場の狭さもあって、とりわけ皆さまにご覧いただきたい資料を佳里子さんが選んでくださいました。例えば記事にもある杉浦範茂さんのセル画や万博関係設計図などの資料。佳里子さんはFacebookで「日本政府館の『21世紀の生活』は、フィルムのマルチスクリーンの映像展示でビデオもまだない時代なので保存できず、もう見ることができないのです。今回、『ミセス21世紀』の小さなカラースライドを複数枚見つけたのは貴重」と書いておられます。マメなお父様がいろいろ残しておいてくださったおかげですね。

記事を書いて下さった西原記者さんは、「万博は個人的に思い入れの深い話題でした。たくさんの人が、髙橋さんの功績を知ってもらえるといいなと思いました」とおっしゃってくださり、感激しました。丁度2016年3月にお客さまから寄贈いただいた「パノラマ立体ビューア」に髙橋さんが手掛けた日立グループ館の映像も含まれていました。人気の程がうかがえますね。このビューアーも展示していますので、EXPO'70大阪万博の熱気を自由に覗いてみてください。

実質1977年から1985年3月まで長期にわたってNHK「番組のおしらせ」のバックに流れていた『メルヘン・シリーズ』の、とても美しいスチール写真の数々は眺めているだけで、おはなしの世界に誘われます。いくつかの作品はご希望があれば上映しますので、ぜひご来館の上、リクエストをどうぞ。きっと懐かしく思い出される人もおられるでしょう。

高橋克雄の世界裏面A - コピー記事は万博に絞って書いてくださいましたので、11月11日の催しのチラシを掲載。佳里子さんと千光士さんのトークのほかに、天宮遥さんの生演奏付きで『ミセス21世紀』などの作品を上映します。どうぞ、お楽しみに。ご予約をお待ちしております‼

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧