おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2021.03.28column

日経新聞連載「伊藤大輔、ほとばしる熱情(中)」に、劣化フィルム復元のことも

今日の日経新聞に先週から始まった連載「伊藤大輔、ほとばしる熱情(中)」が見開きで掲載されていました。写真4枚を用いて、びっくりするぐらい大きな扱いの記事。伊藤監督の『一殺多生剣』(1929年)も取り上げられていて、その復元のところで、連れ合いの名前も登場しています。

この作品は劣化が進んでいましたが、ギリギリのところで辛うじて復元できました。今もどこかのお宅の蔵や押し入れの隅っこに眠ったままのフィルムがあるやもしれません。あれば、一刻も早く救出して次世代に貴重な映像を残したいです。

15頁左下のKEYWORDのところに、傾向映画について解説されていて、その中にも修復に関わった鈴木重吉監督『何が彼女をそうさせたか』の作品名があります。無声映画をご存じじゃない世代の方々にも、その当時なりの映画表現に創意工夫があったことが伝わって楽しみな連載です。

昨日のブログで書いた「バンプ女優」と呼ばれているひとり、伏見直江さんの写真良いですねぇ。どんな役でもこなす女優さんです。

 

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧