おもちゃ映画ミュージアム
おもちゃ映画ミュージアム
Toy Film Museum

2021.03.29column

31日からのファーピクは『Chain』です‼

昨年4月1日から開始したファーピクですが、新型コロナウイルスの感染拡大を恐れて、様子見をしながら恐る恐る上映をしました。1年経てば状況はもう少し明るいだろうと思っていたのですが、感染力が強い変異株が現れ、今は第4波の心配が出てきています。このような状況の中ですが、改めて昨年4月1~5日に上映した加治屋彰人監督の『Chain』(2008年)を上映します。この後『ひよっこ青春歌歌合戦』『春いちばん』『浪人街予告編』の3作品も再上映となります。

『Chain』は、そっせい祭グランプリ、TAMA NEW WAVEグランプリ、ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞を受賞し、ゆうばり国際ファンタジック映画祭とハンブルグ日本映画祭で招待上映されました。

家に居場所がない理衣、母が帰ってこない麗奈、同棲中の加恵、職場が苦手な圭吾と、小さな町に住む人々を描いた群像劇です。制作当時から現在に至るまで、日本国内だけでも自分よりも弱い人間を狙った無差別殺人事件は起き続けている。恐らく将来的にも起きていくのだと思う。それは他人への想像力が欠如してしまっている結果だと思う。加害者が被害者への想像力が無くなっているのは当然で、加害者が加害者になってしまうまでに追い詰めた人たちや組織・社会の、その個人への想像力の欠如。それが問題であるということを見た人に伝えたいと思って制作したと、製作意図を語っておられます。

加治屋監督の作品に『少年モン、本当の名前は知らない』『ホペイロの憂鬱』(2018年)などがあります。ご覧頂ければ幸いに存じます。

 

記事検索

最新記事

カテゴリー

月別一覧